about

理学療法士及び作業療法士が、言語聴覚士の摂食嚥下分野の知識を持ち、且つ摂食嚥下の技術を持つこと
そして、言語聴覚士が口腔だけでなく、身体全体を捉えアプローチでき、手技も用いれるようになること
によって、リハビリ職が率先して身体活動の基本的な「食べる」ことに関して積極的に関わり、評価・アプローチをしていけるようになることを提供しています。